基本的に糖尿病の治療は食事療法

糖尿病食宅配

基本的に糖尿病の治療は食事療法になります。病状に合わせた食事制限を行い生活習慣を改善することが大切になってきます。

食事制限に合わせた毎日の食事を作るというのはとても骨の折れる作業になります。食事療法をしっかりと長く続けるためにも1食だけでも糖尿病食宅配サービスを利用することをお勧めします。

糖尿病を大きく分けると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に分類できます。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。

2型糖尿病とは

初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症の引き金になります。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、考えを改めることはなかなかできません。しかし、糖尿病の境界型になると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの分泌量の変化は、自覚症状のない時から出てきます。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがうまく働かなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、満たされた人生を送れるように努めることです。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。いくら仕事が忙しくても、短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。人は歳とともにインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。食後は特別、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。日々の献立作りに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方を覚えて、食事療法を豊かにしてください。体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。わたしたちの体内で日常的に行われている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと作用について研究する新しい分野です。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、その中に多く含有される栄養素ごとに、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立づくりの悩み解消にもなります。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、できるだけご飯を少なくすることが大事です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと想像している患者さんが多数だと思います。ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。