腎臓病の食事療法は宅配食で完璧にこなす!

肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものと言えど思った以上に沢山のたんぱく質がふくまれているのです。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個程のたんぱく質が含有されています。腎臓病を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方なんだったら、食事療法によって腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を初める時期を遅くしていけます。更に言えば、透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は重要視されます。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を初めて下さい。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。例えば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。食事療法については、栄養士に教えて貰いながら具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。食事によって獲得し立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、これは日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施困難な方を多く見受けます。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、これらの機能は我々の体にとって非常に重要でしょう。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切でしょうが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。野菜ジュース(濃縮果汁還元のものは、栄養素が壊れてしまっているらしいです)は、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュース(濃縮果汁還元のものは、栄養素が壊れてしまっているらしいです)を常時摂取している時にはさらに高カリウム血症の症状が顕れる怖れがあります。もっと詳しく⇒腎臓病食 宅配 ランキング

コメントを残す