糖尿病や腎臓病は食事療法がとにかく大変だ!

腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)でお困りの方に適した、低たんぱくの特殊食品があります。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しい食事制限が行ないやすくなります。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を管理する必要があります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも制限が生じます。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導をうけて決めるようにしましょう。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、使用する食品の種類や調理の際の水量・形状・処理時間次第で変動します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の食事療法が上手くいくと、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の進行具合を遅くする事が可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。おやつの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30~40gとなります。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。筋肉の量が低下すれば、クレアチニン量もその分落ちていきます。その他で言うと、妊娠時には、尿と供に出されるクレアチニンの量が多くなるために、本来の値よりクレアチニン量が低下します。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。このような場合、飲み水だけにあらず、食品にふくまれる水分量もふくめます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみで済みます。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。食事によって獲得し立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)の食事療法の目的は、なるべく腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることができます。加えて、透析をはじめても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は大きな意味を持ちます。腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などが代表的でしょう)を発症すると糸球体に影響が出て本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。重ねて尿と供に除外されるような老廃物まで、体内で増加しはじめます。こうした状況下になると、窒素が血液中で増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。こちらもおすすめ⇒糖尿病 食事 宅配 ランキング

コメントを残す